お笑い芸人を目指す夢を見ました

僕は生まれ変わったらお笑い芸人を目指したいと公言するほどお笑い好きです。

最近は気になった配信チケットなどは買ったりして観たりしてます。


このチケットはニューヨークとコウテイの絡みが見たくてアーカイブで購入しました。


今朝、自分がNSCに入ってお笑い芸人を目指す夢を見たのですがバチバチで先輩も怖くてなかなかの修羅の道だなと感じました。

同期がいる前で先輩から「何か面白いツッコミしてみろ」と言われて、

まずめちゃくちゃ大きな声で自己紹介したら「声デカすぎでうるさいわ!」と言われて、

同期の一発芸に対して「君...メガネ曇ってるやろ」とツッコんだらややウケして、

それに対して先輩が少し小馬鹿にした褒め言葉を言われて恐怖を感じて冷や汗かいたり...

で、最後に「番号は!?」と言われて「番号?何ですかそれ?」と聞き返したら

「あるやろ!入学した時に自分で決めた番号が!!」と責められたので

適当に「13番です!」と大声で返しました。

学校が終わった後、自分の世話係のダイアンの津田さんとお茶する機会があって

「最後の番号ってあれどういう事なのですか?」と聞いたら

「みんな自分の番号を決めておくねん。芸人は辞める奴多いからそうして自分の存在意義を忘れない為に...」と言われ、

「俺も売れてないけどそうやって芸人を目指し続けてるんや」と説明されて妙に納得したり...


夢なので内容は変な個所だらけですが、厳しい道だというのは感じる事が出来ました。

自分は芸人みたいなスマートでない生き様に憧れる節があります。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引越遍歴

リモートワークで家にいる時間が圧倒的に長いので、引越を考えております。 いろいろと検討してるのですが何を軸にすべきかで決めあぐねてます。 そこで、今までの引越遍歴を振り返ってみたいと思います。 ①日吉 初めて一人暮らしを経験した場所です。 新卒で入社した会社を辞め、作曲家を目指す決意をしてました。 貯金が尽きてからは携帯ショップでバイトしてました。 仕事は精神的にしんどかったですが、今考えても良い

なぜ、自分はハードコアを聴き続けるのか

僕は10代の頃、音楽が凄い好きで特にハードコアを好んで聞いてました。 よく、大人になるにつれてそういった激しい音楽は聴かなくなると言われますが、僕は未だに好んで聴いております。 今までの人生で一番自分が熱量を持っていた頃というのは、10代の頃に音楽に熱狂していた時です。 CGの仕事をするようになってからも当時の熱量を超えることは出来ておりません。 きっと自分が熱狂していた頃の感覚を忘れたくないから