やはり並みの人間は努力するしかない

さんま師匠の名言で、【努力は報われない】というのがあります。

「努力を、努力であると思ってる人は大体間違っている」と。

その理由として「努力をして何かを得られる、と考えることは見返りを求めることであるから」と。

「好きだからやってるだけ」と思いながら日々積み重ねを行っていくことが重要なのだと。


自分も何となくこういう考えで、自分が気の向いたときに行動すればよいという考えでした。

しかし、それでは自分を怠けさせて飼い殺し状態になってる事に気づきました。

才能のある人は努力を努力と感じずに行動できるのでしょうが、自分は並みの人間なのでやはり努力する必要があると感じた次第です。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ある造形師が自分で会社持ってるという夢を見ました。 マイクロ法人でも、自宅兼事務所で自分が会社の代表だと思うと身が引き締まります。 やはり「雇われる」よりも「自ら利益出す」という意識では行動力も雲泥の差です。 気持ちが全て(しかもタダ)なので、こういった気概を持った方がモチベーションも上がります。 CGスクールの自己紹介で「5年後には独立し、10年後には会社作る」と適当に言った事が現実味を帯びてき

私はこのように捉えてます。 自分の作品をアップすることも排泄みたいなもんです('Д') もし、肥溜めの中で長時間過ごしていたとしたら・・・ やがて魂は濁り病気になるでしょう。 実際、病んでる人多いですしね('ω')

何をやるにしても、準備運動ぐらいの感覚で取り組みべきだと思いました。 自分がやろうとしてる事が何か大きい事だと思ってしまうと、腰が重くなりなかなか動けなくなります。 やる気の出ないポートフォリオ制作も「これができなきゃ就活できない・・・」と、重く捉えないことが重要だと思いました('ω')