エフェクトを作るうえで意識すべき事

過去、自分が作ったエフェクト作品をポートフォリオとしてまとめる作業をしていたのですが、改めて見て酷いな...と思いました。

1年前に作ったものですが、今だったらもっとクオリティ高いものができるだろうに...


見て思ったのが、

■炎、風、水などエレメントの性質を無視して作ってる。

例えば、粘性がどれくらいあるのか、炎の燃料、風の密度はどれくらいのものなのか、など。

→実際、「とりあえず炎の形になってればいいや」という意識で作ってました。

だから見てると薄ぺらく感じる。


いやでも、ゲームエフェクトなんて2Dで表現することが多いのでは?と思いましたが、

これは絵画と同じで立体物を紙に書いて立体を感じさせることが現に出来てるので、エフェクトでも同様の能力が必要だと感じています。


じゃあそこをどうやって磨けばよいのか?

今思いつくところでは、

①エレメントの性質を知り、理解する。

(この知識と理解は自分がとても大事にしている考えです)


②シェーダーでエレメントの動きを再現出来るようにする

(その前に自分で絵を描いてみるのも重要かもしれないです)


③ノーマル、スペキュラ等マテリアルで立体感を出す。


最近、エフェクトは画作りという風に捉えていています。

ちょうど作業工程も最後の方になりますし。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゲームの世界観をデザインし、アートをディレクションする方法!視聴しました

https://tutorials.cgworld.jp/con/1109?from_category_id=48 非常に密度が高く、大いに勉強になりました! 僕は小学生の頃FF7に熱狂していたので当時の開発話が聞けて興奮しました! ■以下、自分用のメモ書き クオリティーの定義 ゲームは(絵)グラフィックではない ユーザーに能動的体感をしてもらうもの グラフィックも盛るだけでなく、最適化が必要 ア

アナログとデジタルの違い

粘土造形を経験して思いましたが、アナログの方が技法を理解しやすいと思いました。 紙に書くのか、液タブを使うのか仕上がるものは同じですが、その過程で得られる感覚は違うと思います。 最近、特に感覚を重視しているので鈍感になってはいけないと思ってます。 なので、やはりアナログを疎かにしてはいけないなと思った次第です。 感覚にシビアになる=神経質になるとは違います。 触覚にシビアになるといった方が正しいか

  • Instagram
  • YouTube
  • さえずり

Copyright © 2020 無職童貞借金苦

 All Rights Reserved.