ジョゼと虎と魚たち観ました

前から気になってた作品だったのでYouTubeムービーでレンタルして観ました。

感想としては、

「いや、何してはるんですか・・・(´Д`)」

って感じです。

モヤモヤ感が拭いきれず、観終わった後も気持ち悪さが勝ってました。

バイト先の女子が

「おっ、かわええやん!(・´з`・)」と最初は思ってましたが、中盤で

「うわ~、すげー嫌な女やな・・・(;´Д`)」と心変わりしてましたw

ただ、ジョゼとハイタッチしたカットはスゲー良かったです。

そしてバイト先の同僚クンはイケメンでしたと。


自分が一番大きく感じた違和感は、

「いや、何でみんなそんな都合よく動くのw」ってとこですかね。

行動に理由が伴ってないというか、心根が見えてこないというか。

所詮はスウィーツ向け作品だったか・・・ってのが正直な感想です。

まあ、クリスマスに観に行かなくて良かったなと思いますw

この作品で号泣してるアベックとか見たくねーですw

実写映画と見比べようと思いましたが、実写の方がヤバそう・・・

もっと骨のあるロマンス作品はこの世にないのか!!?(゚Д゚)

こういう系のテーマなら「劇場版境界の彼方」の方が100倍良いです。


音楽はヴァイオレット・エヴァーガーデンを担当したEvan Call氏で、音響は倉橋氏。

しかし、見取り図のリリー氏は全く違和感なかったですね!



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分がドはまりした閃光のハサウェイを手掛けた村瀬修功監督の作品という事で観ました。 いや~~~~映像の見せ方がマジで上手すぎる!!!!!! 2時間ある作品で、自分が苦手な頭を使う難しめのテーマだけどダレルことなく見れましたね~。 話の内容を理解できなくても、演出や雰囲気でも充分楽しめました。 最初のカットから掴んでくるし、構成の作り方が完璧なんすよねぇ。 ポンポさんみたく後半にピークを持ってくる作