デザインは主観で判断しない

過去にエフェクトの成果物でチェックがなかなか通らない事がありました。

その場合はリーダーの好みや趣向に合わせて作るようにしてました。


そういえば前に、"社内の事ばかり見て、お客さんを見なくなると組織は崩壊する"というのを聞いたな~...

自分はまさにこれに当てはまります。


酷いときはチェックする側の経験値が低く、頭の中にイメージがないために良いものかどうか判断ができずに曖昧な返答をされ何回も作り直す事もありました。


それを回避するための方法として、

"この見栄えがこうだからカッコいい"

という伝え方ではなく、

"こういう意図があり、この印象を伝える目的でこうした"

というように、見栄えではなく印象や目的を基準にして伝えて判断させるべきだと思いました。

相手の中にイメージがない場合は

「じゃあ、あなたがカッコいいと思ってるエフェクトって何なの?」とリファレンスを見せてもらうことも必要。

今までは単に言われたものを作ってるだけだったので、こうした逆質問するスキルも身に付けていきたいです。


何が言いたかったかというと、成果物のチェックは"お客さんがどう見るか?"を基準にして個人の趣向は加味すべきではないということです。

リーダー、ディレクターとチェックする人間が増えるとブレますからね...

実際働いてきた中でこういう思考を持ってる人はなかなかいませんでした。


ちなみに自分はいきなり成果物をドーン!!作って「どうすか?」とドヤ顔するタイプです。

「成果物が全てやろ」という考えが根底にあるからです。

これも良くないな~と最近思い始めてます。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引越遍歴

リモートワークで家にいる時間が圧倒的に長いので、引越を考えております。 いろいろと検討してるのですが何を軸にすべきかで決めあぐねてます。 そこで、今までの引越遍歴を振り返ってみたいと思います。 ①日吉 初めて一人暮らしを経験した場所です。 新卒で入社した会社を辞め、作曲家を目指す決意をしてました。 貯金が尽きてからは携帯ショップでバイトしてました。 仕事は精神的にしんどかったですが、今考えても良い

なぜ、自分はハードコアを聴き続けるのか

僕は10代の頃、音楽が凄い好きで特にハードコアを好んで聞いてました。 よく、大人になるにつれてそういった激しい音楽は聴かなくなると言われますが、僕は未だに好んで聴いております。 今までの人生で一番自分が熱量を持っていた頃というのは、10代の頃に音楽に熱狂していた時です。 CGの仕事をするようになってからも当時の熱量を超えることは出来ておりません。 きっと自分が熱狂していた頃の感覚を忘れたくないから