作品作り~習作1~



最近、ゲームの超必殺技演出を想定したカットシーンを作っております。


演出を考え、絵コンテを書く

MAYAでアニメーション

Unityへモデル流し、Timelineでカメラワーク

エフェクト作成


という流れですが、まず手始めに既存ゲームの模写から始めています。

第一弾は僕が大好きなゲーム、WILDARMS 5よりトリガーロンドを真似てみました。

20年近く前の作品ですが、今見てもカッチョイイです!


演出力に力を入れたくて、アニメーションのクオリティは二の次です。

あと、カメラがグルグル回るので若干カクついてるのが問題ですね。

ひとまず一連の作業は経験できたのでようやくスタートラインに立てた感じです!


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゲームの世界観をデザインし、アートをディレクションする方法!視聴しました

https://tutorials.cgworld.jp/con/1109?from_category_id=48 非常に密度が高く、大いに勉強になりました! 僕は小学生の頃FF7に熱狂していたので当時の開発話が聞けて興奮しました! ■以下、自分用のメモ書き クオリティーの定義 ゲームは(絵)グラフィックではない ユーザーに能動的体感をしてもらうもの グラフィックも盛るだけでなく、最適化が必要 ア

アナログとデジタルの違い

粘土造形を経験して思いましたが、アナログの方が技法を理解しやすいと思いました。 紙に書くのか、液タブを使うのか仕上がるものは同じですが、その過程で得られる感覚は違うと思います。 最近、特に感覚を重視しているので鈍感になってはいけないと思ってます。 なので、やはりアナログを疎かにしてはいけないなと思った次第です。 感覚にシビアになる=神経質になるとは違います。 触覚にシビアになるといった方が正しいか

  • Instagram
  • YouTube
  • さえずり

Copyright © 2020 無職童貞借金苦

 All Rights Reserved.