作家性がなければCGアーティストとは呼べないのではないか?

更新日:4月14日

風呂に入ってるとき、ふとこんな事を思いつきました。

「自分がアーティストって名乗ればアーティストって事でいいっしょ」って事で済みそうですが、私はアーティストって言葉は極力使いたくない派です。

シンプルに、「何かお高くとまってる」感があるからですw

企業に属し、オペレーター並みの仕事しかしてないのにアーティストって名乗ってる人を見ると「おいおい・・・」と思ってしまいます。

自分はアーティストよりもデザイナーって言葉に憧れを持ってます。

デザイン=設計なので、コンセプトがあり、設計意図が明確に作られたものの方が魅力を感じます。

アートって「何もない所から得体のしれないものが出来た」って感じる事が多いのでよく分からないです。

とはいえ、今までの自分の仕事っぷりは完全にオペレーターですね。

既成素材を組み合わせる、設計図を基にCGで再現する・・・どれもオペレーターとしての仕事です。

いい加減、自分の仕事っぷりに自信が持てるようになりたいです。

やはり練習量が足りなさすぎる・・・(;´Д`)



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ある造形師が自分で会社持ってるという夢を見ました。 マイクロ法人でも、自宅兼事務所で自分が会社の代表だと思うと身が引き締まります。 やはり「雇われる」よりも「自ら利益出す」という意識では行動力も雲泥の差です。 気持ちが全て(しかもタダ)なので、こういった気概を持った方がモチベーションも上がります。 CGスクールの自己紹介で「5年後には独立し、10年後には会社作る」と適当に言った事が現実味を帯びてき

私はこのように捉えてます。 自分の作品をアップすることも排泄みたいなもんです('Д') もし、肥溜めの中で長時間過ごしていたとしたら・・・ やがて魂は濁り病気になるでしょう。 実際、病んでる人多いですしね('ω')

何をやるにしても、準備運動ぐらいの感覚で取り組みべきだと思いました。 自分がやろうとしてる事が何か大きい事だと思ってしまうと、腰が重くなりなかなか動けなくなります。 やる気の出ないポートフォリオ制作も「これができなきゃ就活できない・・・」と、重く捉えないことが重要だと思いました('ω')