top of page

作家性がなければCGアーティストとは呼べないのではないか?

更新日:2022年4月14日

風呂に入ってるとき、ふとこんな事を思いつきました。

「自分がアーティストって名乗ればアーティストって事でいいっしょ」って事で済みそうですが、私はアーティストって言葉は極力使いたくない派です。

シンプルに、「何かお高くとまってる」感があるからですw

企業に属し、オペレーター並みの仕事しかしてないのにアーティストって名乗ってる人を見ると「おいおい・・・」と思ってしまいます。

自分はアーティストよりもデザイナーって言葉に憧れを持ってます。

デザイン=設計なので、コンセプトがあり、設計意図が明確に作られたものの方が魅力を感じます。

アートって「何もない所から得体のしれないものが出来た」って感じる事が多いのでよく分からないです。

とはいえ、今までの自分の仕事っぷりは完全にオペレーターですね。

既成素材を組み合わせる、設計図を基にCGで再現する・・・どれもオペレーターとしての仕事です。

いい加減、自分の仕事っぷりに自信が持てるようになりたいです。

やはり練習量が足りなさすぎる・・・(;´Д`)



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

井○雄彦氏、鳥○明氏、小○健氏・・・ 自分が目指すラインはこの辺りだと確信しました。 しょうもないネットニュースも見なければ、SNSで油を売る事もしない。 今まではこれら余計な物に振り回され、自分を見失い惑わされてきました。 正直、12歳以降は遠回りし、自分の本当の良さを何ひとつ活かせずにいました。 マ〜ジ生活環境が糞過ぎたからなぁ・・・ いや、周りが糞だったというより自分の気持ちが弱かったのが全

今日は若干睡眠不足だった事もあり体がしんどかった。 本当はリモートにしたかったけどランチの予定があったので出社した。 腰も痛く、早退しようかと思ったけど何とか乗り切った。 帰宅したらガッツリ休みたい。

今日は時間が経つのが早く感じた。 会議が設定されてる日は特にそう感じる。 成果物も好評で、仕事も割と余裕が出てきた。 Photoshopのシームレステクスチャの作り方も覚えたし、前進してる。 あとは帰宅した後、どれくらい余力があるかだな・・・

bottom of page