作家性がなければCGアーティストとは呼べないのではないか?

更新日:4月14日

風呂に入ってるとき、ふとこんな事を思いつきました。

「自分がアーティストって名乗ればアーティストって事でいいっしょ」って事で済みそうですが、私はアーティストって言葉は極力使いたくない派です。

シンプルに、「何かお高くとまってる」感があるからですw

企業に属し、オペレーター並みの仕事しかしてないのにアーティストって名乗ってる人を見ると「おいおい・・・」と思ってしまいます。

自分はアーティストよりもデザイナーって言葉に憧れを持ってます。

デザイン=設計なので、コンセプトがあり、設計意図が明確に作られたものの方が魅力を感じます。

アートって「何もない所から得体のしれないものが出来た」って感じる事が多いのでよく分からないです。

とはいえ、今までの自分の仕事っぷりは完全にオペレーターですね。

既成素材を組み合わせる、設計図を基にCGで再現する・・・どれもオペレーターとしての仕事です。

いい加減、自分の仕事っぷりに自信が持てるようになりたいです。

やはり練習量が足りなさすぎる・・・(;´Д`)



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今やYouTubeやらで創作し、個性を発揮して評価される事が可能な時代です。 専門的な情報もYouTubeで学習することが可能です。 1媒体に取り上げられて一人前という考えはもはや古いと言えるでしょう('Д') というか、ニッチな雑誌に掲載されて有名人ぶってデカイ顔してるのはダサすぎる・・・ CGWORLD...けっこう存続が危ないような気がしてます(;´Д`)

特に物申す系のRETWEETばかりしてるとそうなります('Д') 不平、不満、ストレスを抱えてる人間のTWEET見ても何もプラスにはならんです。 こうはなりたくないものです( ˘ω˘ )

平日10時間のデスクワーク。 土日はしっかり休み、毎日24時前には寝て毎朝8時頃に起きる。 晴れの日は早朝1時間のウォーキング。 朝食は必ず採り、栄養不足が気になるのでサプリメントで補う。 規則正しい生活を心がけている自分でも腰痛、腱鞘炎、肩の痛みに悩まされます。 特に、週刊連載の漫画家先生は本当に命削ってるんだろうなぁと思います。 一般人にはこの大変さは想像も理解もできないでしょう。 とにかく休