本物のCGアーティストになるには

ただCGが扱えるというだけでなく、自分の中にあるマインドをCGとして表現する。

自分の人生に裏打ちされた哲学や思想、趣味嗜好といったものがマインド。



自分だったら音楽が好きなので、楽器をモデリングしたり演奏のアニメーションを付けたり、コンサートの特殊効果(エフェクト)を付けたり。

そこで必要になるのが、

・楽器の知識(構造や音色の特徴など)

・演奏の知識(違和感のない動き、演奏映えするカッコいい動きなど)

・コンサートの特殊効果(スモッグ、ライティングなど実際の知識+α)


自分がCGアーティストを目指すならば、方針はこうなるでしょうね。

CGアーティストになる事で他者と差別化して大きく稼げるようになるのが理想です。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

真の技術屋

日経ニュース プラス9 2030 SDGs変わりゆく世界~CGで描き出す未来の手術室~ https://tver.jp/corner/f0076362 「医療現場にCGを浸透させる」 こういう使命感を持っている人が大物になるんだと思いました。 思えば、人の暮らしをより良くするために新しい技術やサービスを開発する姿勢こそが技術屋のあるべき姿なのでしょう。 私利私欲だけでなく、綺麗ごとで済まさず嘘偽り

手繰り寄せる力

最近は心が折れ、自信を失いかけてましたがやる気を取り戻しつつあります。 今までの人生を振り返ってもドン底状態でもなんとか上へ上へと昇ってきた実績があります。 貯金も底を付きて、仕事がない状態でも諦めずにいたらふいにチャンスが来てギリギリ食いつなげたりしてました。 ゴキブリ並みの生命力があるので、今後もなんとかやっていけると思います。 正直、自分は今まで運でやってこれた部分が大きいです。 これが自分

うわっ・・・私の能力、低すぎ・・・?

冷静に、客観的に見つめ直したらスキルが低い事に気づきました。 順当に仕事で来てたからといっても、本質的な部分が養われていない。 さぁ~これから気を引き締め直して対策していきますよ!!