本物のCGアーティストになるには

ただCGが扱えるというだけでなく、自分の中にあるマインドをCGとして表現する。

自分の人生に裏打ちされた哲学や思想、趣味嗜好といったものがマインド。



自分だったら音楽が好きなので、楽器をモデリングしたり演奏のアニメーションを付けたり、コンサートの特殊効果(エフェクト)を付けたり。

そこで必要になるのが、

・楽器の知識(構造や音色の特徴など)

・演奏の知識(違和感のない動き、演奏映えするカッコいい動きなど)

・コンサートの特殊効果(スモッグ、ライティングなど実際の知識+α)


自分がCGアーティストを目指すならば、方針はこうなるでしょうね。

CGアーティストになる事で他者と差別化して大きく稼げるようになるのが理想です。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

結局こういう事なんだと気付きました。 今までの人生は忖度しまくりだったので、本当につまらなかったです。 これからはガン攻めSTYLEでやっていきたいです('Д')

R-1優勝したお見送り芸人しんいち氏もあまり取り上げられなくなってるように思ってます。 インパクトやアクが強い分、飽きられるのも早いんでしょうか? 自分が好きな芸風なんだけどなぁ・・・ ベースが腐しではなく、たまに腐し要素をいれた方が良いのかも知れません('Д')

昔と違って結婚せず子供を作らないのが良しとされてますが、実は悪手ではないかと思い始めました。 もちろん価値観は人それぞれだし経済的な理由で結婚しない人もいます(自分みたいに) いろいろと事情があって子供を望んでても叶わない人もいます。 「高齢化社会」「子供は宝」と言われるように、次の世代に繋げないと国力が下がり日本は潰れてしまうのではないかと。 今までの自分は視野を自分の内側に向けすぎてて、外側を