本物のCGアーティストになるには

ただCGが扱えるというだけでなく、自分の中にあるマインドをCGとして表現する。

自分の人生に裏打ちされた哲学や思想、趣味嗜好といったものがマインド。



自分だったら音楽が好きなので、楽器をモデリングしたり演奏のアニメーションを付けたり、コンサートの特殊効果(エフェクト)を付けたり。

そこで必要になるのが、

・楽器の知識(構造や音色の特徴など)

・演奏の知識(違和感のない動き、演奏映えするカッコいい動きなど)

・コンサートの特殊効果(スモッグ、ライティングなど実際の知識+α)


自分がCGアーティストを目指すならば、方針はこうなるでしょうね。

CGアーティストになる事で他者と差別化して大きく稼げるようになるのが理想です。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「失敗するから〇〇はしない方が良い」 この手の事は言わないようにしたいですね('Д') 「失敗も貴重な財産になるからやってみるべき!」と今の自分なら言いたいです('ω')ノ

最近、こう思うようになりました。 ドラムのビートとかもジャストに叩ける人間は多くはありません。 ただ、ズレてる方がカッチョ良かったりグルーブになったりします。 人間の思考とかもそうで、一貫して貫き通すのは簡単な事ではありません。 日常生活を送る上で、外的要因に囲まれて大なり小なりの刺激を受け続けているからです。 「考え方がブレる」というのは良い意味で捉えられませんが、あってもおかしくはないことです

傾向として、仕事がデキル人がハマリやすいと思ってます。 加えて自己顕示欲が強い、他人と比較して優劣を付けたがる特性にあると私は踏んでます。 女性だけでなく、男のマウンテンゴリラにロクな人間はいないです_(:3」∠)_