top of page

格闘技の会見について

お互いを煽り合うけど試合が終わったらノーサイドで讃えあう・・・

この流れが予定調和に感じるようになりました。

興業として盛り上げる為にバチバチ煽り合うけど、自分は「もうこのパターンいいって」と思うようになりました。


世間的には喧嘩や反発は盛り上がるけど、それを売りにするのは違う気がするんだよなぁ(´ω`)

あくまで小手先でしかないす、上っ面のものだと感じます。

何事も大事なのは中身や内容だと思います('ω')


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日はずっとYouTubeでチュートリアルを見てた。 その甲斐あってAEで火の連番テクスチャの作り方を覚えた。 今までAEはプレビューが遅いと敬遠してたけどblenderに比べたら全然早い。 substanceとか触ってきたけどエフェクトのテクスチャ作るならAEが最も効率が良い。 一からノード組んで作るのは実際しんどいからなぁ。

私は30歳の時にCGを始めました。 普通なら高校を卒業し、専門学校に通い流れで就職するのが一般的な流れだと思います。 そういった方は10代の頃からCGが好きだったり、強い気持ちを持ってる方が多いでしょう。 一方、自分は借金に追われ、自分が嫌なバイトをしたくないという気持ちからCGを学び転職しました。 つまり、あまり前向きな理由でCGを始めた訳ではありません。 だから仕事に対してモチベーションが低い

bottom of page