死のカウントダウン

現在、無職で貯金もいよいよ底を付きそうな状態です。

次の仕事も決まっていないので現実を突きつけられてる感じです。

一応、CG系の実務経験もあるので何とかなるだろうと安心していましたがそれも当てにはなりません。

何故なら、「CG業界は常に進歩しているので、付いていけなければ淘汰される」からです。

僕は今まで、この「付いていけてない人」とばかり仕事をしていました。

当然その人たちは何とかなってる現状に満足し、覇気もない感じでCGと向き合っていました。

そのやる気がない人の分まで仕事をさせられ、強いストレスを感じていました。

僕はそういう人達と二度と仕事をしたくない思いから1年間、CGの勉強に費やすことにしました。

今はその成果をポートフォリオにまとめようとしてるのですが、上手くいっておらず危機感を感じています。

「もしかしたら、このまま通用しない人材になってしまうのではないか...」



これが自分にとって良い働きをしてます。

過去の仕事がなくて困り果てていた頃を味わえて気が引き締まります。

「またあのドン底状態を味わいたくない」

これも立派な欲求です。


何とかなってる現状にかまけてたら突き落とされる、そうならない為に研鑽する。

その研鑽次第で生き死にが決まる。


この状況がたまらなくスリリングで前に進む力になってます!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近、このように思います。 今までは理屈を覚えてから体験するという感じでした。 しかしこれでは効率が悪いですね。 実際に手を動かしてから体験してからの方が理屈が入りやすいです。 なぜオレはあんなムダな時間を・・・(MTIHSS)

スマホゲーは国内ですが、コンシュマーゲーは海外のパイも取る事が可能だと思ってます。 原神とか一部のスマホゲーは海外展開もしてますが、コンシュマーに比べると割合としては低いでしょう。 今ではスマホゲーは海外製の方が勢いあるし、国内でも数は減ってるように思えます。 「スマホゲーの仕事は3年後には無くなってる」と予想してましたが、3年経った今では実際に減ってます。 やっぱコンシュマーゲーなんだよなぁ・・

YouTubeでチュートリアル動画みながらコツコツやってます。 幸い、数も多いので良い練習になってます。 やはり数をこなして体で覚えるようにするのが重要だなと思いました('Д')