死のカウントダウン

現在、無職で貯金もいよいよ底を付きそうな状態です。

次の仕事も決まっていないので現実を突きつけられてる感じです。

一応、CG系の実務経験もあるので何とかなるだろうと安心していましたがそれも当てにはなりません。

何故なら、「CG業界は常に進歩しているので、付いていけなければ淘汰される」からです。

僕は今まで、この「付いていけてない人」とばかり仕事をしていました。

当然その人たちは何とかなってる現状に満足し、覇気もない感じでCGと向き合っていました。

そのやる気がない人の分まで仕事をさせられ、強いストレスを感じていました。

僕はそういう人達と二度と仕事をしたくない思いから1年間、CGの勉強に費やすことにしました。

今はその成果をポートフォリオにまとめようとしてるのですが、上手くいっておらず危機感を感じています。

「もしかしたら、このまま通用しない人材になってしまうのではないか...」



これが自分にとって良い働きをしてます。

過去の仕事がなくて困り果てていた頃を味わえて気が引き締まります。

「またあのドン底状態を味わいたくない」

これも立派な欲求です。


何とかなってる現状にかまけてたら突き落とされる、そうならない為に研鑽する。

その研鑽次第で生き死にが決まる。


この状況がたまらなくスリリングで前に進む力になってます!

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引越遍歴

リモートワークで家にいる時間が圧倒的に長いので、引越を考えております。 いろいろと検討してるのですが何を軸にすべきかで決めあぐねてます。 そこで、今までの引越遍歴を振り返ってみたいと思います。 ①日吉 初めて一人暮らしを経験した場所です。 新卒で入社した会社を辞め、作曲家を目指す決意をしてました。 貯金が尽きてからは携帯ショップでバイトしてました。 仕事は精神的にしんどかったですが、今考えても良い

なぜ、自分はハードコアを聴き続けるのか

僕は10代の頃、音楽が凄い好きで特にハードコアを好んで聞いてました。 よく、大人になるにつれてそういった激しい音楽は聴かなくなると言われますが、僕は未だに好んで聴いております。 今までの人生で一番自分が熱量を持っていた頃というのは、10代の頃に音楽に熱狂していた時です。 CGの仕事をするようになってからも当時の熱量を超えることは出来ておりません。 きっと自分が熱狂していた頃の感覚を忘れたくないから