生き方を改める

最近は昼夜逆転で睡眠時間も少ない不摂生を続けてました。

そのせいか、体の調子がすこぶる悪く1日中横になってる日とかありました。

そこで、僕がいつもお世話になってる整体に一ヶ月ぶりに行ってきました。

ちなみに、ここ一週間の睡眠時間はこんな感じです。






そしたら先生に

「だいぶ体が固くなってる。鬱病一歩手前にきてる。自分の首を絞めている」

と言われました。


自分は

「自分の好きなようにやって早死にしても構わない」

というスタンスなのでそれを良しとしてました。

ですが、近頃は体が疲れてる状態で学習の能率が落ちてました。

「根を詰めればクオリティが上がる」というのは長い目で見た場合、間違いである事に気付きました。


先生には、

脱力して体をリラックスさせる事が大事だと言われました。

なので、これからは

「良い作品の為なら早死にしても良い」

という退廃的な考え方をするのではなく、

「良い作品、クオリティーの為に健康的な生活を送る」

という意識に変えていこうと思いました。


不健康=成果が出せない=プロではない

やはり体調管理が出来てこそプロという言葉は正しいです。

僕は一流のプロになりたいので改善していきたいです。

一月はゲームやり過ぎてサボってしまったと負い目を感じていたのですが、

結果的にはだいぶリラックスして充電できたのかもしれません。

最近は特に思い詰めていたので余裕を持つ事が大事なのかもしれません。

自分の身体が硬くなってるかどうか、自分で認識する事が重要。

割と調子良かった時のことを思い出して行動を変えていこうと思いました。

でも、それがなかなかできないから整体で確認する。


先日、無様な死に方はしたくないと言いましたが、

想いを遂げられず志半ばで死ぬのが一番無様だと心掛けるようにします。


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引越遍歴

リモートワークで家にいる時間が圧倒的に長いので、引越を考えております。 いろいろと検討してるのですが何を軸にすべきかで決めあぐねてます。 そこで、今までの引越遍歴を振り返ってみたいと思います。 ①日吉 初めて一人暮らしを経験した場所です。 新卒で入社した会社を辞め、作曲家を目指す決意をしてました。 貯金が尽きてからは携帯ショップでバイトしてました。 仕事は精神的にしんどかったですが、今考えても良い

なぜ、自分はハードコアを聴き続けるのか

僕は10代の頃、音楽が凄い好きで特にハードコアを好んで聞いてました。 よく、大人になるにつれてそういった激しい音楽は聴かなくなると言われますが、僕は未だに好んで聴いております。 今までの人生で一番自分が熱量を持っていた頃というのは、10代の頃に音楽に熱狂していた時です。 CGの仕事をするようになってからも当時の熱量を超えることは出来ておりません。 きっと自分が熱狂していた頃の感覚を忘れたくないから