自分がVFXをやる理由

ただHoudiniで爆発やら煙を作っても、どういう局面で使うか、どういう効果、印象を与えたいから使うのかという"目的"がないと学習するモチベが上がらない事に気づきました。

Houdiniは良いソフトですが、ただCGソフトのオペレーションがおもろいという理由だけだと、操作に飽きたら触る理由がなくなってしまうので弱かったです。


自分の場合だと実写合成を意識したらモチベ上がるかな~と思いました。

マッチムーブみたいな、自分で撮影した映像の中に載せる事でおもろいものが作れます。

"この場所にあるはずのないものが存在する"というだけでおもろいです。

自分の価値基準は"おもろいかどうか"が全てです。


なので、取り組み方としては「魔法を作る」ぐらいの気概で行った方がやる気出るのかもしれません。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「失敗するから〇〇はしない方が良い」 この手の事は言わないようにしたいですね('Д') 「失敗も貴重な財産になるからやってみるべき!」と今の自分なら言いたいです('ω')ノ

最近、こう思うようになりました。 ドラムのビートとかもジャストに叩ける人間は多くはありません。 ただ、ズレてる方がカッチョ良かったりグルーブになったりします。 人間の思考とかもそうで、一貫して貫き通すのは簡単な事ではありません。 日常生活を送る上で、外的要因に囲まれて大なり小なりの刺激を受け続けているからです。 「考え方がブレる」というのは良い意味で捉えられませんが、あってもおかしくはないことです

傾向として、仕事がデキル人がハマリやすいと思ってます。 加えて自己顕示欲が強い、他人と比較して優劣を付けたがる特性にあると私は踏んでます。 女性だけでなく、男のマウンテンゴリラにロクな人間はいないです_(:3」∠)_