自分の作りたいものにその知識は必要か?

キャラデザや造形に対して今までは

「解剖学の知識を入れたほうがクオリティの高いものが作れる」

と思ってましたが、別に必要もないのかなと感じるようになりました。

自分は精巧なリアルモデルを作りたいわけではないからです。

先日の造形セミナーに参加して気づけたことです。

何でもかんでも知識を入れれば良いというわけではないですね。


「自分の作りたいものがあって、その為に必要だから知識を入れる」

「知識を入れるよりはまず手を動かして自分が出来ないところを知る」

このスタンスは今後も続けていきたいです('ω')ノ

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

疲労度60% ようやく今作ってる成果物の目処が立ってきた。 2週間、試行錯誤しながら進めてきた甲斐があった。 とはいえ自分にもっと経験値があれば一撃の決め打ちで作れただろうなぁ・・・ 契約延長の話もあったけど1ヶ月更新だった。 比較的緩い職場だけど、成果を出さなければ容赦なく首切られそう。 ひとまず、今の調子で頑張ってどこまでやれるかだな。

疲労度50% 昨日は夕飯作るのもしんどくてコンビニの弁当食べた後すぐに寝た。 たくさん寝た分、今日はそこまでしんどくない。 とはいえ、朝はキツイ。 気温もだいぶ下がり、出社するのも億劫になる。 けど、家を出てしまえばなんて事はない。

疲労度70% 昨日が余裕すぎた分、ここまで疲労度に差があるとは・・・ やはり8時間労働は体にこたえているということか。 そろそろ本格的にイラスト練習しようかと思ったけど、まだまだ余裕ないなぁ。