自己肯定感



仕事で自信を砕かれた事もあり、この本を買いました。

元々、自分に自信が持てない面があり何とか改善しないかという事でこの本を手に取りましたが、めちゃくちゃ良かったです。

帯に「自己肯定感で10割決まる」と書かれてますがこれは嘘偽りないと思ってます。

自己肯定感=やる気と自分は捉えていて、やる気は命の次に大事なものだと僕は思ってます。

また、自己肯定感が低い=やる気が出ないことと同じであり仕事に身が入らないということも実感しました。

見る人によっては「洗脳っぽくてアホらしい内容の本」と捉えるかもしれません。

ですが、マルチ商法でガッツリ洗脳された経験を持つ自分としては、他人に洗脳されるのは悪ですが、自分で自分を洗脳する分には問題ないと捉えます。

別に著者の傀儡になり、著者のメリットの為に働く訳ではないのでw

自分をコントロールする=セルフ・マインドコントロールも目的の為には必要だと思ってます。


中でも肯定語、否定語は普段から意識しようと思いました。

否定語をたくさん投げかけて、相手の存在を否定すれば人は簡単に壊れます。

なのでSNSの誹謗中傷というのは非常にダメージが大きいんですね。


この「自己肯定感」を意識する事で今までの人生で上手くいかなかった原因も理解できるようになったし、これからどうしていけばよいかという指針も明らかになりました。

また一つ上のステージに上がった感があります(´・ω・`)

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引越遍歴

リモートワークで家にいる時間が圧倒的に長いので、引越を考えております。 いろいろと検討してるのですが何を軸にすべきかで決めあぐねてます。 そこで、今までの引越遍歴を振り返ってみたいと思います。 ①日吉 初めて一人暮らしを経験した場所です。 新卒で入社した会社を辞め、作曲家を目指す決意をしてました。 貯金が尽きてからは携帯ショップでバイトしてました。 仕事は精神的にしんどかったですが、今考えても良い

なぜ、自分はハードコアを聴き続けるのか

僕は10代の頃、音楽が凄い好きで特にハードコアを好んで聞いてました。 よく、大人になるにつれてそういった激しい音楽は聴かなくなると言われますが、僕は未だに好んで聴いております。 今までの人生で一番自分が熱量を持っていた頃というのは、10代の頃に音楽に熱狂していた時です。 CGの仕事をするようになってからも当時の熱量を超えることは出来ておりません。 きっと自分が熱狂していた頃の感覚を忘れたくないから