薬としてのエンタメ

最近、調子があがらなくてずっとゲームばかりやってました。

一応は業界と関わっている人間なので全くの無駄行動ではないと思いますが、さすがにやり過ぎたか...?と思うところはあります。

ダラダラしてただけ、もっと他の修練する時間に使うべきだったとか。

世間的にゲーム、アニメ等の娯楽ってあまり良い見方をされてないのもあると思います。

時間を浪費するだけで無駄とか。


やる気ないとき、何となく触ったゲームのおかげで「やる気重点!モチベ回復」みたいなのをやりたいです。

実際の自分の体験としては楽園追放がこれに当たります。

借金地獄で生き甲斐もなく事務のバイトしててるときに映画館で観てからCGに初めて興味を持ち、今に至ります。

なのでアニメ映画一つで自分の人生が変わったと言っても過言ではありません。

ここでのポイントは「CGの面白さ、可能性を見た」というところです。

ストーリー自体も今見返してもワクワクします。

これは技術力と作品内容が自分にとって薬になったケースだと思います。

これからは「薬の成分が何なのか」というのを意識してエンタメに向き合いたいです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

結婚して子供いる事をやたらアピールする人と、全くしない人を見てきました。 童貞の自分としてはその度にムキーッとハンカチを噛み締める思いをしてきました。 ある時、ふと思いました。 妻子持ちアピールしたがる人は、承認欲求が人一倍強い人なのではと。 「結婚して一人前」という考えに縛られていて、自分の格を上げるために結婚という手段を取った人なのではと。 自分とは違う自己肯定感の上げ方をしているだけに過ぎな

昨夜、ケータイに爆音で鳴りまくりでした。 TVでも「津波逃げて」と表示されてるし、ここまで鳴るのであれば今回は大事だと思い避難しようと外に出ました。 避難場所の小学校にいても自分と同じような人が一人いるだけで、普通に閉まってました。 1時間待機してましたが、結局寒さに耐えれず家に帰って寝ました。 よく見たら、0.2mの津波と表示されてたので家にいても何とかなったのでは・・・ ただ、避難場所の経路を

過去にソフトバ〇クで事務のバイトをしてた時、自分が追い込まれたときに救ってくれた山本さんの夢を見ました。 その人は山梨から東京に来てて、地元ではキャバクラのオーナーをやってる40代の人で、趣味が絵の人。 自分がもう一度会いたいと思う数少ない御方です。 ちょうど自分がCGの道に進もうとしてた頃で、連絡先を聞きそびれたのが悔いです。