薬としてのエンタメ

最近、調子があがらなくてずっとゲームばかりやってました。

一応は業界と関わっている人間なので全くの無駄行動ではないと思いますが、さすがにやり過ぎたか...?と思うところはあります。

ダラダラしてただけ、もっと他の修練する時間に使うべきだったとか。

世間的にゲーム、アニメ等の娯楽ってあまり良い見方をされてないのもあると思います。

時間を浪費するだけで無駄とか。


やる気ないとき、何となく触ったゲームのおかげで「やる気重点!モチベ回復」みたいなのをやりたいです。

実際の自分の体験としては楽園追放がこれに当たります。

借金地獄で生き甲斐もなく事務のバイトしててるときに映画館で観てからCGに初めて興味を持ち、今に至ります。

なのでアニメ映画一つで自分の人生が変わったと言っても過言ではありません。

ここでのポイントは「CGの面白さ、可能性を見た」というところです。

ストーリー自体も今見返してもワクワクします。

これは技術力と作品内容が自分にとって薬になったケースだと思います。

これからは「薬の成分が何なのか」というのを意識してエンタメに向き合いたいです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近、このように思います。 今までは理屈を覚えてから体験するという感じでした。 しかしこれでは効率が悪いですね。 実際に手を動かしてから体験してからの方が理屈が入りやすいです。 なぜオレはあんなムダな時間を・・・(MTIHSS)

スマホゲーは国内ですが、コンシュマーゲーは海外のパイも取る事が可能だと思ってます。 原神とか一部のスマホゲーは海外展開もしてますが、コンシュマーに比べると割合としては低いでしょう。 今ではスマホゲーは海外製の方が勢いあるし、国内でも数は減ってるように思えます。 「スマホゲーの仕事は3年後には無くなってる」と予想してましたが、3年経った今では実際に減ってます。 やっぱコンシュマーゲーなんだよなぁ・・

YouTubeでチュートリアル動画みながらコツコツやってます。 幸い、数も多いので良い練習になってます。 やはり数をこなして体で覚えるようにするのが重要だなと思いました('Д')