GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代を読みました。



どんな本なのかはこちらの動画で解説されてます。



読んだ感想としては

「ギバー(与える側の人間)になって成功しましょう」

というより、

「テイカーとは関わらない方が良い理由」

ここが非常に勉強になりました。

このギバー、テイカー、ウォッチャーという考え方はとにかく刺さりました。

今まで自分が感じてきたストレスや不条理がこの考え方ですべて説明が付きました。


なぜ、大した仕事もできてないくせに口だけ出す人に腹が立ってたのか。

なぜ、自分を棚に上げて不平、不満ばかりを言う人が死ぬ程嫌いなのか。

なぜ、自分は10代の頃からぶりっこ女子を忌み嫌っているのか。

なぜ、高い授業料だけ払わせて見合った価値を提供しないデジハリにブチ切れたのか。

なぜ、税別表記で小さく税込み価格を載せる店舗に対して嫌悪感を抱くのか。

これらは求めるだけで与えることのできないテイカーだったんだなと腑に落ちました。


テイカーは幸せになれないだろうし、放っておいても地獄に落ちるでしょう。

この本を読み、今後はとことんテイカーとは関わらないようにしようと心に決めました。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引越遍歴

リモートワークで家にいる時間が圧倒的に長いので、引越を考えております。 いろいろと検討してるのですが何を軸にすべきかで決めあぐねてます。 そこで、今までの引越遍歴を振り返ってみたいと思います。 ①日吉 初めて一人暮らしを経験した場所です。 新卒で入社した会社を辞め、作曲家を目指す決意をしてました。 貯金が尽きてからは携帯ショップでバイトしてました。 仕事は精神的にしんどかったですが、今考えても良い

なぜ、自分はハードコアを聴き続けるのか

僕は10代の頃、音楽が凄い好きで特にハードコアを好んで聞いてました。 よく、大人になるにつれてそういった激しい音楽は聴かなくなると言われますが、僕は未だに好んで聴いております。 今までの人生で一番自分が熱量を持っていた頃というのは、10代の頃に音楽に熱狂していた時です。 CGの仕事をするようになってからも当時の熱量を超えることは出来ておりません。 きっと自分が熱狂していた頃の感覚を忘れたくないから