GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代を読みました。



どんな本なのかはこちらの動画で解説されてます。



読んだ感想としては

「ギバー(与える側の人間)になって成功しましょう」

というより、

「テイカーとは関わらない方が良い理由」

ここが非常に勉強になりました。

このギバー、テイカー、ウォッチャーという考え方はとにかく刺さりました。

今まで自分が感じてきたストレスや不条理がこの考え方ですべて説明が付きました。


なぜ、大した仕事もできてないくせに口だけ出す人に腹が立ってたのか。

なぜ、自分を棚に上げて不平、不満ばかりを言う人が死ぬ程嫌いなのか。

なぜ、自分は10代の頃からぶりっこ女子を忌み嫌っているのか。

なぜ、高い授業料だけ払わせて見合った価値を提供しないデジハリにブチ切れたのか。

なぜ、税別表記で小さく税込み価格を載せる店舗に対して嫌悪感を抱くのか。

これらは求めるだけで与えることのできないテイカーだったんだなと腑に落ちました。


テイカーは幸せになれないだろうし、放っておいても地獄に落ちるでしょう。

この本を読み、今後はとことんテイカーとは関わらないようにしようと心に決めました。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

結婚して子供いる事をやたらアピールする人と、全くしない人を見てきました。 童貞の自分としてはその度にムキーッとハンカチを噛み締める思いをしてきました。 ある時、ふと思いました。 妻子持ちアピールしたがる人は、承認欲求が人一倍強い人なのではと。 「結婚して一人前」という考えに縛られていて、自分の格を上げるために結婚という手段を取った人なのではと。 自分とは違う自己肯定感の上げ方をしているだけに過ぎな

昨夜、ケータイに爆音で鳴りまくりでした。 TVでも「津波逃げて」と表示されてるし、ここまで鳴るのであれば今回は大事だと思い避難しようと外に出ました。 避難場所の小学校にいても自分と同じような人が一人いるだけで、普通に閉まってました。 1時間待機してましたが、結局寒さに耐えれず家に帰って寝ました。 よく見たら、0.2mの津波と表示されてたので家にいても何とかなったのでは・・・ ただ、避難場所の経路を

過去にソフトバ〇クで事務のバイトをしてた時、自分が追い込まれたときに救ってくれた山本さんの夢を見ました。 その人は山梨から東京に来てて、地元ではキャバクラのオーナーをやってる40代の人で、趣味が絵の人。 自分がもう一度会いたいと思う数少ない御方です。 ちょうど自分がCGの道に進もうとしてた頃で、連絡先を聞きそびれたのが悔いです。