top of page

1月19日の日記

今日は久しぶりに出社した。

最近、胃腸の調子が悪い。

万全とは言えなかったけど、成果物の確認があったのを推して出社した。

少し熱っぽさも感じたので、回復するまではリモートの方が良いかもしれない。

スケジュールが切られてるので生産性が落ちる事もないし。

フィードバックも色々もらったおかげで求められてるテイストも何となく掴めた。

「あーでもない、こーでもない」の中に必ずヒントが隠れている。

ヒントというのは相手の趣向の事。

相手が能力の高い、低いは正直ほぼ関係ない。

これさえ掴めればスムーズにいく。

色々言われて少し混乱したから距離を取ろうと思ったけど、対面の方がコミュニケーション取る頻度は増えるのでやはり出社した方が良い。

しかし体調がな〜・・・どうしたものか。

家でも熱っぽいと感じる事あるし、万全でない事は確か。


恐らく、この「趣向の理解」が自分には足りてなかったと思う。

自分はアーティストではなくデザイナーなので相手の要望に応えるのが仕事である。

専門性で言えば自分の方が高いが、全体を見ているディレクターの方が正しい判断ができるはずだと思う。

あとは、このテイストを実際に作る事ができるかどうかだな。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日はずっとYouTubeでチュートリアルを見てた。 その甲斐あってAEで火の連番テクスチャの作り方を覚えた。 今までAEはプレビューが遅いと敬遠してたけどblenderに比べたら全然早い。 substanceとか触ってきたけどエフェクトのテクスチャ作るならAEが最も効率が良い。 一からノード組んで作るのは実際しんどいからなぁ。

私は30歳の時にCGを始めました。 普通なら高校を卒業し、専門学校に通い流れで就職するのが一般的な流れだと思います。 そういった方は10代の頃からCGが好きだったり、強い気持ちを持ってる方が多いでしょう。 一方、自分は借金に追われ、自分が嫌なバイトをしたくないという気持ちからCGを学び転職しました。 つまり、あまり前向きな理由でCGを始めた訳ではありません。 だから仕事に対してモチベーションが低い

bottom of page