4月から

最終更新: 3月23日

4月からフルタイムで仕事をすることになりました。

ようやく朝起きて夜眠るという生活リズムを取り戻しつつあります。


で、自分の職場での振舞い方についてハッキリ意識しておこうと思います。

今までの自分は協調性を最優先にし、なるべく波風立てないようにしていました。

納得いかない事を言われても我慢して呑み込んでストレスを溜めていました。

また、仕事できない人間に対しても波風立てないように忖度してました。


ですが今は1年間、150万円払ってCGを勉強し直したという矜持があります。

仕事に対する意識、CGデザイナーとしての想いも自分の中で確立されている状態です。

だから、忖度せず自分のやりたい事、意思をどんどん発言していく姿勢でいきたいです。

以前の職場は正直、閉塞気味で活気がなく雰囲気も良くなかったです。

仮にそういう現場だったとしても「自分が空気を変える」ぐらいの気概で臨みたいです。


前から自分が興味を持っていた職場なので、

「自分の仕事、CGに対する矜持を全開放してどうなるか」

というのを試してみたいです。

衝突したり、疎まれたりするかもしれません。

でも、自分が懸けてる職場であるからこそ

自分の本質が受け入れられるかどうか確かめておきたいです。

まあ最悪、首を切られても自分の全力が出し切れればそれで良いかなと思ってます。


さて、この内容を初回の自己紹介で言うべきかどうか迷ってます。

おそらく、自分にプラスにはならないので言う必要はないかなと。

それは自分の仕事ぶりで表現していければ良いと思ってます。

礼儀、礼節は当然守りますが、自分が許せないと思ったらとことん戦う所存です。


はぁ~、ここまで言っても自分は環境に呑まれやすいからなぁ...(;´Д`)

仕事に対する矜持、CGデザイナーとしての誇りだけは絶対忘れないようにしたいです。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

引越遍歴

リモートワークで家にいる時間が圧倒的に長いので、引越を考えております。 いろいろと検討してるのですが何を軸にすべきかで決めあぐねてます。 そこで、今までの引越遍歴を振り返ってみたいと思います。 ①日吉 初めて一人暮らしを経験した場所です。 新卒で入社した会社を辞め、作曲家を目指す決意をしてました。 貯金が尽きてからは携帯ショップでバイトしてました。 仕事は精神的にしんどかったですが、今考えても良い

なぜ、自分はハードコアを聴き続けるのか

僕は10代の頃、音楽が凄い好きで特にハードコアを好んで聞いてました。 よく、大人になるにつれてそういった激しい音楽は聴かなくなると言われますが、僕は未だに好んで聴いております。 今までの人生で一番自分が熱量を持っていた頃というのは、10代の頃に音楽に熱狂していた時です。 CGの仕事をするようになってからも当時の熱量を超えることは出来ておりません。 きっと自分が熱狂していた頃の感覚を忘れたくないから