Houdiniウェビナー参加しました

最終更新: 2月4日

Houdiniで作るNPRエフェクト&AfterEffectsでのコンポジット実践解説オンラインセミナー

https://bdchannel.borndigital.jp/1998/



めちゃくちゃ勉強になりました!!

自分のやりたい事にマッチした内容だったので参加してよかったです。

以前のCGアニメセミナーと違い、質問にも真摯に答えて頂けて非常に有難かったです!


■簡易メモ

・エフェクト発生時はフルコマ、その後2コマ、3コマになる

・アニメエフェクトは流体シュミレーションで作る

(ボリュームベースだとカメラ寄ったときのレゾが気になる)


・水しぶきをベースにbendで渦を作る


・キーは手付けで尺調整が難しそう


・流体やるならRAMは128BGB欲しい

(AEはシングルコアでRyzen非対応)


■共有頂いたリンク

Klab資料

https://www.klab.com/jp/blog/creative/2020/npr-1.html


https://www.klab.com/jp/blog/creative/2020/cedec2020.html


https://www.youtube.com/watch?v=-GXtyEysq3Q&feature=youtu.be


杉村さんセミナー

http://sugi-iggy.blogspot.com/p/houdini-workshop.html


HoudiniとVFXGraph連携について

https://qiita.com/sasaki_0222/items/e356cf4913b48900a0f6


https://twitter.com/sasaki_0222/status/1264726627801378816

HDRPでalembicで出力してるそうです


アーカイブは動画はボンデジでHoudini買った人だけ見れるそうです。

でも後日スライド共有して頂けるようなのでそれ見れば大丈夫ですよ的なこともおっしゃってましたw

Houdini内での作り方もそうですが、Unityとの連携のお話が聞けたのが一番の収穫かもしれません。

盛りだくさんの内容でこれが無料で観れたのはかなりお得でした(^O^)/

Houdiniに対して俄然モチベ上がりました!!


■追記

スライド公開されました!

https://www.klab.com/jp/blog/creative/2021/houdininprafter-effects-1.html?__CAMVID=qPLDCHCikCdB&_c_d=1&uns_flg=0&__urlmid=5201887&__CAMSID=SpLdchCikCDb-63&__CAMCID=JJcxhlDNfi-610&adtype=mail


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゲームの世界観をデザインし、アートをディレクションする方法!視聴しました

https://tutorials.cgworld.jp/con/1109?from_category_id=48 非常に密度が高く、大いに勉強になりました! 僕は小学生の頃FF7に熱狂していたので当時の開発話が聞けて興奮しました! ■以下、自分用のメモ書き クオリティーの定義 ゲームは(絵)グラフィックではない ユーザーに能動的体感をしてもらうもの グラフィックも盛るだけでなく、最適化が必要 ア

アナログとデジタルの違い

粘土造形を経験して思いましたが、アナログの方が技法を理解しやすいと思いました。 紙に書くのか、液タブを使うのか仕上がるものは同じですが、その過程で得られる感覚は違うと思います。 最近、特に感覚を重視しているので鈍感になってはいけないと思ってます。 なので、やはりアナログを疎かにしてはいけないなと思った次第です。 感覚にシビアになる=神経質になるとは違います。 触覚にシビアになるといった方が正しいか

  • Instagram
  • YouTube
  • さえずり

Copyright © 2020 無職童貞借金苦

 All Rights Reserved.