Looking Glass Portrait&ELF-SR1体験会参加してきました。

前々からLooking Glassに興味があり、予備知識ないまま参加してきました!

詳細はこちら



Looking Glass Portraitは前モデルより軽量になり、値段も手ごろになったみたいです。

ただ、真正面から見ないと立体的には見えませんでした。



ELF-SR1は画像では全く伝わりませんが、モデルが画面から飛び出て見えます。

しかも視線を動かすとモデルの向きも変わるのが驚きでした!



ゲームもできたりします!

感覚的にはVRのHMDかぶった状態に近かったです。

その他、いろんなアプリを体験させていただきました。

これが結構キョーレツな体験で、新たな知見を得ることが出来ました('ω')


Looking Glass Portraitは今後自分がデザフェスなどに出店した際、展示で使えるので買おうかどうか本気で悩んでます。

今買えば1万円ほど安く買える...けど直近で展示する機会もない...届くまでにモデリングはやる予定ない...また1年後には新しいモデルが出るかもしれない..う~ん...って具合です。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゲームの世界観をデザインし、アートをディレクションする方法!視聴しました

https://tutorials.cgworld.jp/con/1109?from_category_id=48 非常に密度が高く、大いに勉強になりました! 僕は小学生の頃FF7に熱狂していたので当時の開発話が聞けて興奮しました! ■以下、自分用のメモ書き クオリティーの定義 ゲームは(絵)グラフィックではない ユーザーに能動的体感をしてもらうもの グラフィックも盛るだけでなく、最適化が必要 ア

アナログとデジタルの違い

粘土造形を経験して思いましたが、アナログの方が技法を理解しやすいと思いました。 紙に書くのか、液タブを使うのか仕上がるものは同じですが、その過程で得られる感覚は違うと思います。 最近、特に感覚を重視しているので鈍感になってはいけないと思ってます。 なので、やはりアナログを疎かにしてはいけないなと思った次第です。 感覚にシビアになる=神経質になるとは違います。 触覚にシビアになるといった方が正しいか

  • Instagram
  • YouTube
  • さえずり

Copyright © 2020 無職童貞借金苦

 All Rights Reserved.